作業療法士向け講習会を受けましょう

作業療法士というのは、介護関係や医療関係の現場で活躍する仕事です。

 

国家試験を受けることで国家資格を得ることができ、障害者や病気・怪我などをした人の社会復帰を手助けするという仕事になります。

 

場合によっては、医師や看護師などと連携することもあり、現場で主導的な役割を果たすこともあります。

 

作業療法士の資格を取れば、介護現場で仕事をする際の役に立ちますが、試験を受けただけでは十分な経験が出来ているとは言えません。

 

そんな場合に役に立つのが、療法士向けの講習会です。講習会では、毎回様々なことがテーマとなり、介護関係の会社や学会などから招かれた講師の先生が、丁寧に話を聞かせてくれます。

 

場合によっては、実技指導などが行われることもあります。作業療法士は、作業を通じて障害を持っている人たちが日常的な生活をきちんと送っていけるようにサポートしていく仕事ですが、時には食事や入浴、トイレなどの世話をすることもあります。

 

身体介助の方法などは、十分に経験を積んでいる場合でも、利用者の状態によってはどのようにすれば良いのか判断に迷うこともあるでしょう。

 

作業療法士向けの講習会では、心臓などに持病のある方をサポートする方法などもテーマとなる場合があります。

 

また、スポーツなどをテーマとした講習会が開かれることもあります。

 

作業療法士向けの講習会は毎月様々な場所で行われていて、まる1日をかけて実践的な講義と実技の指導が行われます。

 

上級者向けの会が開かれることもあり、これまで経験を積んできた方であっても、今後の仕事に役立てていくことができるのです。

 


みんなは大丈夫?絶対にやってはいけないダメな勉強法

理学療法士、講習会によるポイント

理学療法士とは、障害のある人やケガを負った人に対して、

座る立つ歩くといった基本動作の回復や維持、あるいは障害悪化の予防のために、運動療法や物理療法を用いて、自立した日常生活を送れるように支援する専門職のことで、名乗るためには国家資格の取得が必要です。

 

専門性を高め、理学療法の学問的発展に貢献するための研究に特化する専門理学療法士と、社会・職能面における理学療法の技術やスキルを高めていくことを目的とし、専門的臨床技能の高維持に努める認定理学療法士に分かれていて、どちらも新人プログラムを受ける、または免除されたのちに資格取得へと進むことができます。

 

理学と認定の両方を合わせて、延べ4000名以上の人が資格を取得しています。

 

新人プログラムを受けた後は、基礎理学療法/神経理学療法/運動器理学療法/内部障害理学療法/生活環境支援理学療法/物理療法/教育・管理理学療法の7つから専門分野を決めます。

 

その後必要になってくるのが一定数のポイント獲得です。理学療法的に適した活動を行うことで、ポイントを得ることができます。

 

学会発表や論文、資格取得によってポイントを得ることもできますが、研修・講習会を受けることでのポイント取得が一般的です。

 

理学療法士の資格を持つ講師による、日本理学療法士協会の認定を受けた180分以上の理学療法士の講習会を受けることでポイント条件が達成されます。また、更新においてもポイントが必要となってくるので、定期的に研修・講習会を受ける必要があります。